Event is FINISHED

Art Hack Day 2018 - Workshops

Description
◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤
 チケットはどちらか一つのみでお願いいたします。
◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢

03/16(金) 〜 03/18(日) に未来館で開催するArt Hack Day 展覧会「Being There ー 現れる存在」展の連携イベントとしてワークショップを開催します。
  
コンピュータを使った表現はディスプレイの枠を超え、様々な分野で使用されるようになってきました。プログラマーが建築や空間デザインなどで活躍する場面も増えてきている一方で、まだまだそれらを学ぶ機会は少ないと考えています。
今回は、建築や空間演出などでも利用される最先端ツールを先駆者や開発者本人から学ぶワークショップを2つ企画しました。
無料で参加できますので、ぜひご検討ください。
5時間で定員に達したこともありますのでお早めに応募されることをオススメします。
 
 
【ワークショップ開催概要】
ワークショップに必要な持ち物などについては、下記それぞれのワークショップ概要を確認してください。
チケット(参加申し込み)は、どちらか一つのみでおねがいいたします。
日 時:2018/03/17(土) 12:30-18:00
場 所:日本科学未来館 7F Art Hack Day 展覧会受付
概 要:Computational Design Workshop / TouchDesigner Workshop
参加費:無料(先着順、事前申し込み制)
定 員:それぞれ25名

【注意事項】
イベント中、写真とビデオの撮影を行う可能性があります。開催報告等でウェブへの掲載を行うことがありますので、事前にご了承をいただけますようお願いします。



▼ワークショップ1:Computational Design Workshop

クリエイティブコーディング用プログラミング言語「Processing」を使用して、マルチエージェントシミュレーションを使った 3次元形態デザイン手法を学ぶワークショップ。プログラミング1年程度の経験があればどなたでも楽しめる内容になっています。コンピュテーショナルデザインに挑戦したい建築を学ぶ学生や空間デザイナーにもオススメ。講師は、Los Angelesを拠点に活躍するコンピュテーショナル・デザイナーで、建築用3Dモデリングライブラリ「iGeo」の開発者でもある杉原聡氏。
 
1. コンピュテーショナルデザインとは (講演)
2. 単純なエージェント動作とベクトル操作
3. 分岐エージェントと衝突判定
4. NURBSカーブとサーフィスの生成
5. エージェントによる複雑な形態生成


【持ち物/事前準備】
◯コンピューター(Mac/Win 両方可)
◯Processing 2.2.1
※3.3.6 では動作しません。必ず2.2.1をダウンロードしてください。
◯iGeo 0.9.2.2


【講師】
杉原聡(すぎはら さとる)
コンピュテーショナル・デザイン事務所ATLV代表、南カリフォルニア建築大学非常勤講師
1977年鎌倉生まれ。コンピュテーショナル・デザイナー、建築家。コンピュテーショナル・デザイン事務所ATLV代表、南カリフォルニア建築大学非常勤講師。
2001年東京工業大学情報理工学研究科修了後、東京芸術大学先端芸術表現科特別講師、国際メディア研究財団研究員を経て、2003年に渡米。UCLA建築修士修了後、Morphosis Architectsにてコンピュテーショナル・デザイナーとしてエマーソン大学LA校やコーネル大学ゲイツ・ホールなどのファサード・デザインに従事。2011年より南カリフォルニア建築大学で教鞭をとり、2012年にコンピュテーショナル・デザイン事務所ATLVをロサンゼルスに設立。2015年に屋根のデザインを担当したミラノ万博中国館竣工、パリのAA[n+1]ギャラリーで個展「Agent-Based Computational Design」開催。

 
 
 
 
 

▼ワークショップ2:TouchDesigner Workshop

世界最高峰のデジタルアート集団「Moment Factory」の90%以上の作品で使用されるツール「TouchDesigner」を学ぶワークショップ(入門編)。作品事例を紹介しながら、TouchDesignerの使い方を一つ一つ丁寧に説明していきます。TouchDesigner の名前は聞いたことがあり触ってみたい、これから作品作りに使用したいという方にオススメ。
講師は「Visual Thinking with TouchDesigner」の著者である松山周平氏とTouch Designer 日本コミュニティのボランティアチーム。


【持ち物/事前準備】
◯コンピューター(Mac/Win 両方可)
◯TouchDesigner 最新版インストール ※下記より最新版をインストールしてください。
◯マウス(オプション)※マウスがないと操作しにくいです。
◯予習(オプション)※下記リンク先に予習用コンテンツがあります。


【講師】
松山周平(まつやま しゅうへい)
株式会社ティーアンドエス 新規事業開発室(THINK & SENSE) マネージャー
クリエイティブレーベルnor所属

先端技術を活かした広告展示やインタラクティブなパフォーマンスを得意とする。オーディオ・ビジュアル作品、インタラクティブなインスタレーション、など多岐に渡る活動を行っている。外資系PCメーカーの製品発表会演出や、VRテーマパーク内のインタラクティブなプロジェクションマッピングなどを手掛ける。また、MR、ドローンなどの技術を用いた大手企業との共同研究にも従事。MR技術を用いた、情報管理システムなどの開発を担当する。またTouchDesigner User Group Japanを主催し、ワークショップや、ハッカソンなどのイベント主催技術普及活動にも力を入れている。
また、クリエーティブレーベル「nor」に参画し、アートフェスティバル、美術館での展示も行っている。
著書に「Visual Thinking with TouchDesigner」がある

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#321612 2018-03-06 23:59:47
More updates
Sat Mar 17, 2018
12:30 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
Computational Design Workshop FULL
TouchDesigner Workshop FULL
Venue Address
江東区青海2丁目3−6 Japan
Organizer
Art Hack Day
140 Followers